鹿児島釣り情報

2011年4月

2011年4月の記事一覧です。

4月21日(木)上甑島里の石鯛釣り

今期、2度目となる石鯛釣りに5連敗中の神野さんと上甑島に行く事になった。
天気予報は良く、最高の石鯛釣り日和の様で蝶栄丸の石原船頭に電話を入れると2時半集合の3時出港で出すと言う事だったので神野さんに連絡を入れ午前1時半頃に迎えに来て頂く約束をした。


午前1時半過ぎに迎えに来た神野さんの車に荷物を積み込み、蝶栄丸の出港地の串木野港へ向け出発し、車内では今日の狙い目の瀬は何処だとかと言う話で盛り上がり40分程で串木野港に到着すると10数名の釣り客が準備に取り掛かっていたので私たちも準備に取り掛かった。


午前2時半を過ぎた頃、石原船頭の操船する蝶栄丸が岸壁に接岸し一斉に道具の積み込みに掛かり、午前3時に上甑島里の磯へ向け出港した。


今日の海の状況はベタ凪で船は快調に走り、1時間強で沖の瀬のスベリに着いて前日から夜釣りで沖の瀬のスベリに乗っている釣り客を確認し、今日の早番優先権の有る藤丸との無線確認をしながら、瀬渡しが始まった。


1人目をスベリの水道に降ろし、2人目をコゴ瀬のハナレに2名降ろした所で同行者の神野さんが呼ばれ3枚釣れた馬瀬に行く事になって船を瀬に近づけると残念な事に1名の釣り客が乗っていたので諦め、船は犬島へ向け走った。


犬島のハナレに着くと藤丸が犬島のハナレ、チャワンに降ろしていたので犬島のハナレの隣に2名降ろし、フカセ釣りをゴン太瀬2名、ヨン太瀬2名降ろして、石鯛釣りを松島の角に2名、下げポイントに2名降ろして船は近島に走り、イキツケに2名、エボシ瀬に1名、平瀬に1名降ろした所で残す釣り客は私たちを含め5名となり石原船頭から何処に行くねえ〜と言われ残す空き瀬は昨日バラシの有った地磯の4番か昨日使ってない地磯の3番か小島瀬かと言われたので神野さんと相談の上、地磯の3番に降りる事になり3番に降りる事を決め、地磯の4番に1名降ろして今日の私たちの釣り場である3番に着き、石鯛釣りでは神野さんと降りるのは初めてでは有ったが2人とも釣れる事を祈りつつ瀬上がりを無事に済ませ、コーヒーで一服を済ませ準備に取り掛かった。


今日のタックルはゼニスの鳴瀬石鯛500MHMにダイワのシーライン石鯛40WHにPE15号、瀬ズレワイヤー37番2Mにオモリ20号、ハリスワイヤー19本撚りの36番30cmにグランの赤貝・ヤドカリ針15号で準備は整い、荒割にした小粒の赤貝と剥いた殻を潮上に撒くとジワジワと良い感じの釣れそうな上げ潮が流れているので期待をしながら、夜が明けるのを待った。


午前6時、神野さんが1投目を16Mの棚に落ち着かせアタリを待っているとコツコツと竿先を叩く、アタリが有る様で私も期待の中で1投目を12Mの棚に落ち着かせ赤貝を剥いているとコツコツ、ゴンゴン、ジワっ〜と竿先を20cm程押さえ、ゴンゴン、ズッ、ズッ〜っと押さえ込んで行くアタリを見ていた神野さんが本命じゃろ〜と呟いた直後、竿先が海面に突き刺さり、勢い良く走ったので竿を立て巻きに掛かるとグングンと石鯛特有の数回の締め込みの末、上がって来たのは3K弱の銀わさの石鯛で有った。


私は神野さんに丁重にゴメンネェ〜今日も1投目に釣れちゃいました〜と言うと、マジかぁ〜と呟きつつ、上がって来た石鯛を丁寧にワイヤーを取って抜いてくれる優しさに有り難う御座いましたぁ〜、神野さんも頑張って釣ってね〜と、伝えると何メーターで釣ったぁ〜と問いかけたので12Mですよ〜と言うと2投目を12Mに落ち着かせアタリを待っているとゴン、ゴンゴン、ズッズッ〜っと竿先を押さえ込むアタリに神野さんは手持ちに切り替え送って行くと、ゴン、ゴンゴン、ギュ〜ンと勢い良く走り、グングン絞め込む石鯛特有の引きを耐えた末、上がって来たのは神野さんの今期初物となる2.5K程の銀わさの石鯛で有った。
20110421hpb.jpg
今期初物の石鯛が6度目にして釣れた神野さんに、おめでとうの祝福の言葉を添え次の、もう1匹に期待をしつつ同じ12Mでアタリを待って見る物の石鯛らしきアタリが無いまま時間が過ぎる中、神野さんは初物が釣れた事を石原船頭に報告し、良かった、おめでとうの祝福の言葉わもらい次の1匹を狙った。


石鯛のアタリが無くなった状況にエサ取りの活性が強くなり竿先をゴンゴン叩くアタリに変わり赤貝の剥き身は、あっという間に取られる物の底までは持つ状況なので我慢強く仕掛けを打ち返しているとジワジワと良い感じで流れていた上げ潮がゴウゴウと流れ始め、私の釣り座は60号のオモリでも止まらない状況でも潮下の神野さんの釣り座は何とか30号のオモリで止まる様でゴンゴン叩いてエサを取るサンノジらしきアタリに我慢強く釣っていると石原船頭の操船する蝶栄丸が見回りに来て、石鯛の大好物のヤドカリを持って来てくれ、頑張って釣ってねぇ〜と一言、言って去って行った。


すると、我慢強く釣っていた神野さんの竿に15Mの棚でサンノジではない竿先を押さえて行くアタリが久しぶりに有ったので石原船頭が先程、持って来たヤドカリを付けて15Mの棚に落ち着かせて見る物のヤドカリには反応を見せず付いたままで帰って来る様子だったので針元にヤドカリの柔らかい尻尾の部分と赤貝の剥き身を上に付け13Mの棚でアタリを待っているとコツコツ、モゾモゾと押さえ込んで行く物の走りきらないままヤドカリの尻尾も綺麗に取っていたので同じパタ〜ンで13Mの棚に落ち着かせていると潮下で釣っていた神野さんの竿がコツコツと前アタリ後、ズッズッと押さえ込まれた直後、勢い良く竿が海面に突き刺さった場面をハッキリと見ていた私は咄嗟で入った入ったぁ〜と叫んだ状況に神野さんも反応して合わしを入れた竿はズッシリと曲がり良い感じの魚だと匂わせた直後、すっぽ抜けのバラシとなった。


間違いなく、良い型の石鯛で有ったであろう竿の曲がりを見ていた私は神野さんの心を突くかの様にあぁ〜、あぁ〜バラシテしもたぁ〜、何〜で余所見をしているかねえ〜と言うと申し訳無さそうに合わせが速かったとか石鯛じゃないとかの言い訳を言うので私は勿体ない神様が2匹目を恵んでくれたのに、あぁ〜あぁ〜、何でこっちにの竿に来ないかねえ〜確実に釣って上げるのにで止めを刺した。


いつもならば1人で乗る事が多い石鯛釣りに今日は2人で乗っている為、冗談で痛い所を探しては突き合う事をしながら時間が過ぎて行き、神野さんの痛恨のバラシの後は石鯛の本命らしきアタリが無いまま上げ潮の潮止まりの9時を過ぎ、更にエサ取りのサンノジの活性は強くなり生の剥いた赤貝はアッと言う間に取られる始末で午前11時を回った頃、良い感じの下げ潮が流れ始めたのでマキエを新たに効かし10M〜18Mの棚を満遍なく探っていると神野さんにマルキューの、くわせ赤貝でゴツゴツ、ギュ〜ンと走り上がって来たのは1.5K程の腹がパンパンになったサンノジが上がって来て一言、ほ〜らねぇコイツだったと神野さんが呟き、その後も神野さんが同サイズのサンノジを、もう1匹釣った所で納竿にする事にした。


12時半過ぎに回収に来た蝶栄丸に乗り込むと小島瀬で下げ潮の動き始めの9時半頃にアタリが有って60cm4.2Kの銀わさの石鯛が釣れており、今日の蝶栄丸の釣果は小島瀬と私たちが釣った地磯の3番の3枚と言う結果を聞き、神野さん良かったねぇ〜と呟いて帰路に着いた。
検量の結果、私の釣った石鯛が2.7Kで神野さんの釣った石鯛が2.3Kであった。
20110421hp.jpg

侍丸さんより・・・・・

久しぶりに潮入り、ドカ〜ンと一発出ました!
西九州石鯛の清水さん

波高い中、お疲れ様でした。
おめでとうございます

61Cm 4.5キロ

SH3B05790001.jpg

おめでとうございます\(~o~)/

侍丸さんより

今日の釣果です。
クロちゃん釣ったのは若潮会の飯塚さん


SH3B05780001.jpg大イサキ釣ったのはガッツ石鯛の大迫さん


SH3B05770001.jpg石鯛仕掛けの赤貝にイサキですよ!
夜釣りしたら数期待大?

濁り潮で、不発気味

ほかに石鯛バラシありあり

鹿児島 石グレ会様大会・・・4月10日投稿分

鹿児島 石グレ会様大会

優勝魚
おめでとうございます

中スズレ 赤貝

SH3B05740001.jpg

おめでとうございます\(~o~)/

投稿が遅くなり申し訳ございませんでした。

侍丸さんより 4月10日分投稿

皆さんほんと頑張りました。
59Cm頭に五枚!

福岡からお越しの
石鯛マン

SH3B05720001.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アップが遅くなり申し訳ございませんでした。

皆さまおめでとうございます\(~o~)/\(~o~)/

すごいですねえ(^O^)

この画像からパワーが溢れてるように感じるのは・・私だけ???

『地磯を駆ける』・・・・・by神園サマ

スタッフの方に紹介してもらった南薩の地磯に行ってきました


3月始めからスタートの「地磯を駆ける」ですが、戸崎でチヌを釣って以来坊主続き...


朝8時スタートで3当目クロ33センチゲット

9時半くらいにチヌ48ゲットしました


チヌが釣れた時位から帽子が跳ばされる程の西風が強風が吹き納竿しましたが、風がなければ、まだ釣れたかもです


2011041112520000.jpg

2011041114430000.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

神園 様

おめでとうございま〜す\(~o~)/

プリッツプリ♡してますねえ(^O^)

『地磯を駆ける』・・・ネーミングがとても気に入りました♪♪

次のシリーズも楽しみにしております♪

4月9日(土)上甑島・里の石鯛釣り

今年、初となる石鯛釣りに、石鯛釣りのタックルを揃えたばかりの益山さんと、神野さん、神野さんの知人の木佐貫さんの4名で、いつものテリトリーである上甑島里に行く事になった。


前日の天気予報では1500m上空の風は西の風8mと言う事で蝶栄丸の石原船頭に電話を入れると2時半集合の3時出港で出すよ〜と言う事だったので私は近所に住んでいる神野さんに午前12時半頃に迎えに来てもらう事にして益山さんとは現地で会う事にした。


午前12時半に迎えに来た神野さんの車に乗り込み、木佐貫さんを紫原まで迎いに行って車中では期待が膨らみながら話が弾み、午前2時に串木野港に着くと数人の釣り客が準備万全の状態で待っており私たちも準備に取り掛かった。


午前2時20分を過ぎた頃、もう一人の同行者の益山さんも到着し挨拶を済ませ2時半過ぎに来た蝶栄丸に道具を積み込み、2月27日のクロ釣り以来の蝶栄丸の石原さんに挨拶を済ませ釣り人20名弱を乗せ、午前3時に上甑島里の磯へ向け出港した。


船は快調に進み、1時間程で沖の瀬に着き早出当番の優先権の有る藤丸の降ろした後の空き瀬を確認しながらスベリの水道から瀬渡しが始まった。


今日の蝶栄丸のお客さんの殆んどが石鯛釣りがメインではあったが殆んどの有名なポイントは優先権の有る、藤丸に押さえられる中で降ろして行き、残りの釣人7名となった所で神野さんと木佐貫さんに石原船頭から準備してえ〜と呼ばれ地磯の2番半に1名の石鯛釣りを降ろした後に小島瀬に向かい神野さんと木佐貫さんを降ろした後、石原船頭に、もう一人の同行者の益山さんの事を頼み私は釣れない覚悟で里港近くの学校瀬に降りて見る事にした。


学校瀬に着くまでの間に詳しくポイントを効き5分程で学校瀬に着いて益山さんに健闘を祈り、瀬上がりを済ませ早速準備に取り掛かり、赤貝を割り始めて20分が過ぎた頃には夜が明け始めたので荒割にした小粒の赤貝と剥いた殻をポイントに撒くと上げ潮が良い感じで流れており、釣れるかもと言う大きな期待の中で仕掛けの準備に取り掛かった。


今日のタックルはダイワのシーライン石鯛40WHにゼニスの鳴瀬石鯛500MHMに道糸PE15号、瀬ズレ37番を1ヒロ、ハリス19本よりの36番を30cmにバリバスのグランの赤貝・ヤドカリ針の15号にオモリ15号で準備は整った所で小島瀬に降りた神野さんから何処に降りた〜と電話が入り、学校瀬ですよ〜と告げ検討を祈って電話を切ったのが午前5時50分だった。


今日の1投目、剥いた赤貝を6個程付けてカウンターで9mにオモリを落ち着かせて竿掛けに竿を置き赤貝を剥いているとコツコツとエサ取りが突いている様なアタリがあってスウ〜ッと竿先が10cm程押さえ込まれ棚落ちでもしたのかなと思っていると、更にコツコツコツとアタッタ直後、スウ〜ッと竿先が10cm程押さえ込まれ、またコツコツコツとアタッタ竿先が10cm程押さえ込まれた直後、ふっわっと喰い上げたので、直感でエサ取りでは無いと思い竿を手持ちに切り替えようと思った直後、竿が勢い良く海面に突き刺さりグングン絞め込むので無我夢中で巻きに掛かるとグングンと絞め込み数回の強い締め込みの末、上がって来たのはオスの銀わさ石鯛で神野さんからの電話を切って5分後で有った。
040901.jpg
去年から使い始めたゼニスの鳴瀬石鯛の竿は3本継で穂先が素直に押さえ込まれ違和感なく2番が着いて行く為、食い込みが良く、今期初の石鯛釣りの良いスタートが切れた気分のまま、石鯛竿と石鯛を一緒に写真に収め、2匹目のドジョウに期待して荒割にした赤貝のマキエを撒いて同じ9mの棚に落ち着かせ、神野さんに電話を入れ、神野さ〜ん、ゴメ〜ン、1投目に石鯛が釣れちゃいましたと告げ、もう一人の同行者の益山さんにも1投目に釣れちゃいましたの連絡と釣れる事を祈り電話を切った。


その後は良い潮が流れている物の赤貝を取られる事がないまま2時間半が過ぎた頃、見回りに来た蝶栄丸の石原船頭からどうねえ〜釣れたねえ〜と言う問いかけに手を挙げて合図をすると釣れたかぁ〜、魚を見せてごらんと言う問いかけに石鯛を持ち上げて見せると、良かったねえ〜と祝福を受け、そこで頑張ってねえ〜と告げ去って行った。


1投目に釣れてから何回、打ち直しても赤貝のツケエを取られる事が無いまま午前9時半を回った頃、あまりにもエサを取られないので9m、8m、10mと棚を変え、ベタ底から1m上げた11mの棚でアタリを待っていると今日2度目のコツコツコツと穂先を微妙に叩くアタリが有ってモゾモゾモゾと穂先を押え込むアタリが久しぶりに有って、数秒後、コツコツコツ、モゾモゾモゾッと穂先を押え込んだので直ぐに手持ちに切り替え、送りこんで行くと微妙に穂先に重みを感じた直後、フワッと重みが無くなって巻き上げて見ると赤貝を綺麗に取ってワイヤーハリスに噛み痕を残したので赤貝を付けて再度11mの棚でアタリを待って見るが、コツリともする事も無いまま潮の流れが完全に止まり満潮の10時半を過ぎても下げ潮が入って来る事も無いまま納竿の12時過ぎを迎えてタイムアップとなった。

天竜丸さんより

久しぶりのデカバンヒットです!

釣り師   上村さん

110405_151225.jpg

おめでとうございます\(~o~)/

沖堤にも 春の訪れですか??

順調に釣れてくれる事を 心から願っております・・・・・(^-^)

只今当店、マダイ釣りダービー中です♪

皆さん楽しんでますョ♪

次回は釣行前に是非エントリー下さいね(^^)/

天竜丸さんより

沖小島にて!

朝、一投目にミズイカの一㌔をゲット!

釣り師    倉津さん

110403_062539.jpg

おめでとうございます\(~o~)/

朝、一投目この釣果ですか!

ウラヤマシイヽ(^o^)丿

原田クン 釣果情報

週末の釣果です
南港にてIPー26で潮目打ちで、53と48センチゲットです!
先週も同じように、52センチをゲットしました

20110402harada.jpg

20110404harada2.jpg

原田クン おめでとうございます\(~o~)/

毎週釣れてますね(^_-)-☆さすがです♪